永住権の要件

​2019年7月より、永住権の審査は厳しくなりました

下記当てはまるパターン項目をご確認ください。

 パターン

1.一般の外国人

2.日本人(又は永住者)と結婚している外国人

3.定住者の外国人

4.高度専門職の外国人

永住権の基本要件

①素行が良好である

→交通違反を含む犯罪歴が見られます。

②独立して生計が立てられるか

→年収300万円が最低条件になります。

​※扶養家族がいると1人につき+70万円ほどが必要になります。

③法務大臣が日本国に利益があると認めるもの

​→日本の居住歴や出国歴・現在のビザの年数などが見られます。

一般の外国人

居住歴について

10年以上継続して日本に在留していること。

これは、在留資格を持って日本に10年以上継続して住んでいることの条件になります。

※10年が経過する前に申請しても許可にはなりません。

就労歴について

​上記10年の間に、5年間以上就労ビザ等を持って日本で働いていたこと。

※資格外活動のアルバイトは不可

※就労経験5年間が経過する前に申請しても許可にはなりません。

 

ビザ(在留資格)の年数について

3年または5年のビザであること。※1年の在留期間はNG

出国要件について

過去5年間で、下記に該当しないこと

*1回の出国で3か月以上日本から離れていないこと

​*1年間の中で合計120日以上出国していないこと

※出国の理由が会社の出張であっても該当します。

​※1年間は、どこから数えてもの1年間となります。

年収要件について

※2019年7月より厳しくなりました。

直近5年間(役所で取得する課税証明書を参照)で、年収が300万円以上であること。

※扶養家族がいると1人につき+70万円ほどが必要になります。

​※海外の人を扶養している場合、いくら送金しているかまで見られます。

社会保険について

※2019年7月より厳しくなりました。

直近2年間、遅延なく健康保険を支払っていること。

※健康保険および年金の両方が対象です。

※遅延及び未納があると不許可になります。

税金を納めているか

※2019年7月より新しく加わりました。

現時点で所得税や贈与税などを滞納していないこと。

​納税証明書その3を取得(税務署で取得できます)

日本人(又は永住者)と結婚している外国人

居住歴について

3年以上結婚生活があり、うち1年間日本に住んでしていること。

※この年数が経過する前に申請しても許可にはなりません。

ビザ(在留資格)の年数について

3年または5年のビザであること。※1年の在留期間はNG

出国要件について

過去3年間で、下記に該当しないこと

*1回の出国で3か月以上日本から離れていないこと

​*1年間の中で合計120日以上出国していないこと

※出国の理由が会社の出張であっても該当します。

​※1年間は、どこから数えてもの1年間となります。

年収要件について

※2019年7月より厳しくなりました。

直近3年間(役所で取得する課税証明書を参照)で、年収が300万円以上であること。

※扶養家族がいると1人につき+70万円ほどが必要になります。

※海外の人を扶養している場合、いくら送金しているかまで見られます。

社会保険について

※2019年7月より厳しくなりました。

直近2年間、遅延なく健康保険を支払っていること。

※健康保険および年金の両方が対象です。

※遅延及び未納があると不許可になります。

税金を納めているか

※2019年7月より新しく加わりました。

現時点で所得税や贈与税などを滞納していないこと。

​納税証明書その3を取得(税務署で取得できます)

定住者の外国人

居住歴について

定住者を取得してから5年以上日本に住んでしていること。

※5年を経過する前に申請しても許可にはなりません。

ビザ(在留資格)の年数について

3年または5年のビザであること。※1年の在留資格はNG

出国要件について

過去5年間で、下記に該当しないこと

*1回の出国で3か月以上日本から離れていないこと

​*1年間の中で合計120日以上出国していないこと

※出国の理由が会社の出張であっても該当します。

​※1年間は、どこから数えてもの1年間となります。

年収要件について

※2019年7月より厳しくなりました。

直近5年間(役所で取得する課税証明書を参照)で、年収が300万円以上であること。

※扶養家族がいると1人につき+70万円ほどが必要になります。

※海外の人を扶養している場合、いくら送金しているかまで見られます。

社会保険について

※2019年7月より厳しくなりました。

直近2年間、遅延なく健康保険を支払っていること。

※健康保険および年金の両方が対象です。

※遅延及び未納があると不許可になります。

税金を納めているか

※2019年7月より新しく加わりました。

現時点で所得税や贈与税などを滞納していないこと。

​納税証明書その3を取得(税務署で取得できます)

高度専門職の外国人

​高度専門職:ポイント70点の方

居住歴について

*ポイント70ポイントの外国人

高度専門職70ポイントに該当してから3年が経過していること

出国要件について

過去3年の間で、下記に該当しないこと

*1回の出国で3か月以上日本から離れていないこと

​*1年間の中で合計120日以上出国していないこと

※出国の理由が会社の出張であっても該当します。

​※1年間は、どこから数えてもの1年間となります。

年収要件について

直近3年間(役所で取得する課税証明書を参照)で、年収が300万円以上であること。

※扶養家族がいると1人につき+70万円ほどが必要になります。

※海外の人を扶養している場合、いくら送金しているかまで見られます。

社会保険について

※2019年7月より厳しくなりました。

直近2年間、遅延なく健康保険を支払っていること。

※健康保険および年金の両方が対象です。

※遅延及び未納があると不許可になります。

税金を納めているか

※2019年7月より新しく加わりました。

現時点で所得税や贈与税などを滞納していないこと。

​納税証明書その3を取得(税務署で取得できます)

​高度専門職:ポイント80点の方

居住歴について

*ポイント80ポイントの外国人

高度専門職80ポイントに該当してから1年が経過していること

※必ずしも高度専門職ビザを持っていなくても大丈夫です。

出国要件について

過去1年の間で、下記に該当しないこと

*1回の出国で3か月以上日本から離れていないこと

​*1年間の中で合計120日以上出国していないこと

※出国の理由が会社の出張であっても該当します。

​※1年間は、どこから数えてもの1年間となります。

年収要件について

直近1年間(役所で取得する課税証明書を参照)で、年収が300万円以上であること。

※扶養家族がいると1人につき+70万円ほどが必要になります。

※海外の人を扶養している場合、いくら送金しているかまで見られます。

社会保険について

※2019年7月より厳しくなりました。

直近1年間、遅延なく健康保険を支払っていること。

※健康保険および年金の両方が対象です。

※遅延及び未納があると不許可になります。

税金を納めているか

※2019年7月より新しく加わりました。

現時点で所得税や贈与税などを滞納していないこと。

​納税証明書その3を取得(税務署で取得できます)

© 2016 GO Shiono administrative procedure consultant Office All Rights Reserved.

VISA PARK.png

スマホで無料ビザ診断アプリ「VISA PARK」

無題3.png
google-play-badge.png

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7-1-7

​新宿ダイカンプラザA館1123

 

​#1123 ,7-1-7,Nishishinzyuku, Shinzyuku City,Tokyo Japan

 

Tel : 

 

Fax : 03-6908-5035

Connect online:

  • Facebook Clean