​アメリカ人との結婚手続き

法定の婚姻年齢は18歳です。

州によっては、親の同意を得て

(場合によっては裁判官の同意を得て)

18歳未満であっても結婚することができます。

日本で先に結婚手続きをする場合

 配偶者ビザ申請時に必要となるもの

​結婚証明書は不要

Step.1 婚姻要件具備証明書を取得

日本にあるアメリカ大使館・領事館で取得が可能です。

​大使館には事前予約が必要で即日発行してもらえます。

Step.2 日本の役所で結婚手続き 

►必要書類

アメリカ人側

①婚姻要件具備証明書(米国市民は宣誓供述書)

②上記書類の日本語訳

③パスポート

日本人側

①婚姻届け(証人2人の署名・捺印ありのもの)

​②戸籍謄本(本籍地以外に提出する場合)

※日本で先に結婚手続きをした場合は、アメリカ大使館等での手続きは不要になります。

アメリカで先に結婚手続きをする場合

 配偶者ビザ申請時に必要となるもの

​結婚証明書

婚姻のための要件は米国50州の州ごとに異なります。さらに州の中でも郡によって要件が異なる場合もあります。

一般的な流れは下記になります。

①アメリカで婚姻許可書(マリッジライセンス)を発行

②結婚式を上げる

③結婚許可証をもらう

​④日本で報告的手続きをする

Step.1 婚姻許可書(マリッジライセンス)の発行

​→役所にて取得

必要書類

①アメリカ人の出生証明書

②日本人の婚姻要件具備証明書

​③戸籍謄本

​※日本人の婚姻要件具備証明書は、日本の法務局またはアメリカにある日本大使館で取得可能です。

Step.2 結婚式

アメリカの多くの州では、誰が結婚式を執り行うことができるのかについて規定があります。

 

Step.3 結婚許可証

牧師などの資格のある資格者のもとで宣誓し、結婚許可証を発行してもらいます。

Step.4 日本での報告的届出

​アメリカにある日本大使館でも可能ですが、1か月以上かかるので、日本の役所にて報告的届出をすることをお勧めいたします。

必要書類

①婚姻届け(証人2人は不要)

②戸籍謄本(本籍地以外に提出する場合)

③結婚許可証(Certificate Of Marriage)

④上記書類の日本語訳

​⑤お相手のパスポート

【参考】

外国人が米国へ入国する際には一部の例外を除きビザが必要です。米国大使館・領事館では渡米目的に合ったビザを発給しており、フィアンセにはフィアンセビザ(K-1ビザ)を発給します。

K−1ビザを取得すると、フィアンセは渡米後結婚し、米国内で滞在資格を永住者に変更することができます。

K−1ビザは、発給後半年間有効で、一回の入国に限り有効です。米国入国後は90日以内に結婚しなければなりません。結婚を取りやめた場合には、フィアンセは入国後90日以内に出国しなければなりません。

​K-1ビザを日本より取得したい人は下記参照ください。

http://www.ustraveldocs.com/jp_jp/jp-niv-typek.asp

© 2016 GO Shiono administrative procedure consultant Office All Rights Reserved.

VISA PARK.png

スマホで無料ビザ診断アプリ「VISA PARK」

無題3.png
google-play-badge.png

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7-1-7

​新宿ダイカンプラザA館1123

 

​#1123 ,7-1-7,Nishishinzyuku, Shinzyuku City,Tokyo Japan

 

Tel : 

 

Fax : 03-6908-5035

Connect online:

  • Facebook Clean