中国人との結婚手続き

2019年最新情報

*中国人の結婚事情
結婚可能年齢:男性22歳・女性20歳
中国は、ビザ免除国ではないので
配偶者(中国人)が中長期ビザ(就労ビザなど)を持っていない場合は、中国の役所で先に手続きをするのが主流です。
中国で先に結婚手続きをする場合

 配偶者ビザ申請時に必要となるもの(どちらか一方)

結婚証のコピー

結婚公証書の原本

※地域によって必要書類が異なる場合がありますので、事前に確認をお願いします。
Step.1 

日本人配偶者が婚姻要件具備証明書(通称:独身証明書)を取得する

 

(日本の法務局で取得)

===============

*必要書類

①戸籍謄本 ②身分証明書(運転免許証等) ③印鑑

※④離婚歴のある方→離婚届受理証明書が必要(離婚公証書)

※⑤配偶者が死亡している方→死亡届受理証明書が必要(死亡公証書)

===============

上記書類を持ち、法務局または地方法務局で「婚姻要件具備証明書」を発行します。

この書類は、外務省証明班の認証を受ける必要があります。

その後、外務省証明班の認証を受けたものに、さらに中国大使館の認証も受けます。

 

Step.2 中国で結婚手続きを行う(中国の結婚登記期間で行う)

 

2人揃って、中国人配偶者の戸籍所在地の省・自治区・直轄市の人民政府が指定する婚姻登記期間で登記手続きを行い「結婚証」を受領する

==============

*必要書類

日本人

①パスポート ②婚姻要件具備証明書(認証済) ③その中国語翻訳文

中国人

①戸口簿(独身の証明書) ②居民身分証 ③婚姻状況証明書(戸口所在地の公安局で発行)​④パスポート ⑤離婚証明書(離婚歴がある場合)

==============

Step.3 日本の市町村役場に婚姻届を提出する 

※中国にある日本大使館でも届出は可能ですが、婚姻の事実が反映されるまでに1ヶ月~2ヶ月ほどかかるので、日本の役所で手続きをした方がよいです。

=============

*必要書類

①婚姻届 ②結婚公証書 ③中国人配偶者の出生公証書と国籍公証書

④それぞれの日本語翻訳文

=============

※日本の役場では、約1週間ほどで婚姻事実が反映されます。

※中国で手続きした日が結婚記念日になります。
 
​​
日本で先に結婚手続きをする場合

 配偶者ビザ申請時に必要となるもの

​結婚証や結婚公証書の提出は不要

​​Step.1
中国人の"婚姻要件具備証明書"を駐日中国大使館で取得
※短期滞在者には発行されない場合が多いです。

=============

*必要書類

①在留カード ②パスポート ③住民票(ケースバイケース)

④申請書(大使館にあります)

=============

Step.2
日本の市町村役場で結婚手続き

=============

*必要書類

①婚姻届 ②戸籍謄本 ③パスポート ④婚姻要件具備証明書 ⑤その日本語訳文

=============

※成人2名の証人が必要
​※日本人の本籍地以外で結婚の手続きをする場合は、戸籍謄本が必要です。
​日本にある中国大使館での報告的届出は不要です。

© 2016 GO Shiono administrative procedure consultant Office All Rights Reserved.

VISA PARK.png

スマホで無料ビザ診断アプリ「VISA PARK」

無題3.png
google-play-badge.png

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7-1-7

​新宿ダイカンプラザA館1123

 

​#1123 ,7-1-7,Nishishinzyuku, Shinzyuku City,Tokyo Japan

 

Tel : 

 

Fax : 03-6908-5035

Connect online:

  • Facebook Clean