ビザ申請の概要

 日本ビザのシステムについて  

日本人にとって「ビザ」「在留資格」という言葉はあまり馴染みがないと思います。

”ビザ(査証)”とは、観光などの目的で他国へ入国する際に、事前に大使館や領事館などに申請し、その許可(正確には推薦状的なもの)として、パスポートに貼られるシールなどのことを指します。

ただ日本人が観光を目的とする場合、多くの国でこの手続きが免除になっている関係で、私たちにあまり馴染みがない言葉となっています。

”在留資格”とは、外国人が日本に長期的に住む場合(仕事や結婚など)に必要になる資格を指します。一般的に言われている"就労ビザ"や”配偶者ビザ””家族ビザ”などがこれに当たります。在留資格は日本での活動内容によって取得する在留資格が異なりますので、まず日本に何をしにくるのかを確認してください。

日本に長期的に住むのであれば、その目的によって取得する在留資格の種類がことなります。

日本の学校に通いたい場合

日本語学校:留学ビザ

専門学校 :留学ビザ

大学   :留学ビザ

​大学院  :留学ビザ

高校   :留学ビザまたは家族滞在

中学校  :家族滞在または定住者

小学校  :家族滞在または定住者

一般的に日本の学校に通う場合には、「留学」ビザを取得するのが一般的ですが、​高校や中学校等になると、両親と一緒に日本に来ていることが多いと思いますので、その場合は「家族滞在」ビザや「定住者」ビザを申請することもあります。

日本で働く場合

日本で働く場合には、「就労ビザ」を取得する必要があります。短期滞在で報酬を発生する仕事をすることは法律で禁止されておりますのでご注意ください。

​また就労ビザという名前は通称名となり、実際には行う仕事内容に応じてビザの名前が異なってきます。

技術・人文知識・国際業務

エンジニア、外国語教師、通訳、コピーライター、デザイナーなど

技能          

外国料理の調理師、調教師、パイロット、スポーツトレーナー、ソムリエなど

企業内転勤       

同一企業の日本支店(本店)に転勤する者など

特定活動(インターンシップ)

海外の大学に通っている学生が日本企業でインターンシップをする場合

経営管理        

会社社長、役員 / 会社を日本で経営する場合

一般的な就労ビザは上記です。それぞれの目的にあった在留資格を見つけ申請するようにしてください。

日本人と結婚した場合

日本には海外にある「フィアンセビザ」というビザはございません。

​日本に恋人を呼び寄せるビザはなく、結婚をすれば「配偶者ビザ」で呼び寄せることは可能です。

配偶者ビザは、結婚すれば必ず取得できるものではなく、審査がございます。

審査基準は「結婚の信憑性」「収入」などがあり、近年審査は厳しくなっております。

​配偶者ビザというのは、通称名となり正式名称は、下記です。

日本人の配偶者等

►日本人と結婚する外国人とその子が該当します

永住者の配偶者等

​►永住者と結婚する外国人とその子が該当します

日本に家族を呼び場合

日本に何らかの在留資格ですでに滞在している外国人が母国等から家族を呼び場合に、「家族ビザ」と呼ばれるものを申請します。ここでいう家族は「配偶者」「子ども」のみが当てはまり、親や兄弟、親戚などは含まれませんのでご注意ください。

​家族ビザを申請する際には、「家族滞在」という在留資格名になります。

POINT

留学生が家族を場合には、「大学生」「大学院生」の留学生のみ家族滞在で母国等から家族を呼び寄せられ、「専門学校生」「日本語学校生」は家族の呼び寄せはできません。

© 2016 GO Shiono administrative procedure consultant Office All Rights Reserved.

VISA PARK.png

スマホで無料ビザ診断アプリ「VISA PARK」

無題3.png
google-play-badge.png

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7-1-7

​新宿ダイカンプラザA館1123

 

​#1123 ,7-1-7,Nishishinzyuku, Shinzyuku City,Tokyo Japan

 

Tel : 

 

Fax : 03-6908-5035

Connect online:

  • Facebook Clean